農薬散布ドローン

ここ最近ドローンの進化が凄まじい

ただ飛ぶだけではなく

カメラをつけて撮影したり

レースしたり

農薬積んで散布したり…

ホビーの域を超え

仕事のツールとしても

定着しつつあります。

私も小さいドローン持っていて

たまーに⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンと飛ばしてます。

20181120141414de5.png


今日見てきたのですが

このドローン

何故このドローンが気になるか

それは

異常気象で雨が多い年が増え

通常の農薬散布機で畑に入れない時

空からしか農薬散布できないんです。

計画していた農薬散布を諦めるということは

収量と品質を下げる要因になります。

それはどうにか避けたい!!

なので緊急用として持つのは有りかどうか、注目しています!

能力はというと

10リットルの薬液を積んで

一回のフライトで1ヘクタール散布できます。

10回で10ヘクタール

一回のフライトは7分ほど

単純計算でも70分/10ヘクタール

バッテリー交換とか薬液補充のロスタイム足すと90分程でしょう。

ちなみに、ラジコンヘリの散布機だとこれの倍、効率がいいのですが…

値段の差が大きいんです。

ドローンだとバッテリー10個と充電器合わせて

250諭吉

対してラジコンヘリは…

おおよそ1200諭吉( ゚д゚ )ポカーン

ラジコンヘリ高すぎ(@_@;)

農薬散布を本業にしないととても買える金額ではありません…

ドローンの値段であれば、能力がヘリの半分であっても

数日間で100ヘクタールはこなせます。

無理なく一日30ヘクタールやれば3日半…

個人で持つのは厳しくても、中規模農家2〜3件で導入するのにちょうどいいのでは?

250÷3=83諭吉

この値段でリスク低減できたら十分かと自分は思います。

だんだん現実的なお値段になってきました。

生産台数も増えてくればまた単価も変動すると思います。

これからの進化がまた楽しみです(๑•̀ㅁ•́๑)
関連記事

0 Comments