「ゲノム編集で双子」中国は研究者の処分も視野



中国の研究者が遺伝子を効率よく改変できる

「ゲノム編集」技術で受精卵を操作して双子を誕生させたとする問題。

この研究者は28日、香港で開かれている「ヒトゲノム編集国際会議」に出席し、内容や意義を説明した。

国内外の科学者は「無責任だ」などと批判しており、中国当局も処分を視野に今回の経緯を調べている。

研究は、中国南部広東省深センの南方科技大の賀建奎フォージエンクイ博士が、男性だけがエイズウイルス(HIV)に感染した夫婦7組を対象に行った。

体外受精で受精卵を作る際にHIVに感染しにくいよう遺伝子改変して母体に戻し、うち1組に双子の女児が誕生したと主張している。

研究を承認したとされる病院は関連を否定しており、事実かどうかは確認されていない。

本当にHIV耐性だけの変化で済んでいるのだろうか?
なにか違うものも変化してそうで怖い…
関連記事

0 Comments