【おもしろ】珍しいトラクター BIGROY



ビッグ・ロイの1080ビッグ・トラクターは、1977年にカナダ・マニトバ州のバーサテイル社によって設計され、製造されました。

ビッグ・ロイのコンセプトは、主にオーストラリアの大規模な面積の農家を対象としています。

他の人たちは、世界最大のトラクターがスタイガー(Case IH)とビッグバッドのどちらが優れているか論争を交わしていました。

SteigerはST650で2台のCAT製エンジン· 3406Bを組み合わせて650hp(480kW)

Big Budは747(750hp(560kW))を発生させていました。


設計·企画

動機が何であれ、1080はVersatileの社長兼ゼネラルマネージャー

Roy Robinsonが高馬力モデルの設計調査を実施、会社に必要なものと判断

生産を決定しました。

デザイナーから出た案は、8輪の600hp、26tマシンでした。

機械的な構成

後部に取り付けられた19リットルの

カミンズ社製エンジンKTA-1150

を搭載した動力は、4つの車軸すべてに6速マニュアルトランスミッションを介して確実に地面に力を伝えます。



冷却は、28インチ(710mm)直径の機械的に駆動される2つのファンを備えた合計159リットル(42 US gal)の2つのラジエータを介して行われた。

ステアリング操作は車体の真ん中で折れる

アーチキュレート方式

タイヤショベルとおんなじです。

26.6フィート(8.1 m)の回転半径は、トリプルタイヤを装備した現代の4WDトラクターに匹敵します。

トラクターに与えられた名前、「ビッグ・ロイ」は、ロビン・ロビンソンの名を冠したものでした。

650馬力の列車のようなトラクターでした。


エンジンを後ろに積んでいるためにバックカメラが付いている当時としては異色なトラクター

今は博物館で静かにお休みしています。
関連記事

0 Comments