寒の雷鎌いらず

よくじいちゃんばあちゃんが言っていた格言です。

寒の雷鎌いらず

意味はというと

冬に雷が鳴ると、次のシーズン不作になる

鎌がいらない

鎌を使うことが出来ない

収穫不能

農家にとっては、とても怖い格言なのです。



↑ちょいと温かい日が多くて、雨マーク付いてます。

3年前の2月、雷が鳴ったことがあって

不作の経験があるだけに…

この格言が現実にならないことを祈りますね(人∀・)タノム !

雨じゃなく、冬らしいちゃんとした雪が欲しい

もう17日なのに、道路のアスファルトが出ているので心配です。

タイヤも減っちゃうじゃないか、雪щ(゚д゚щ)カモーン
関連記事

0 Comments